神沢川酒造神沢川酒造

Facebook

  • 神沢川酒造
  • 神沢川酒造

酒造場について酒造場について

清酒 正雪の生まれる場所、神沢川酒造

歌川広重の浮世絵にも描かれた東海道五十三次16番目の宿場町として広く知られる由比。
今でも古い家屋が軒を連ね、昔の宿場町の風情を求め訪れる人々で賑わう。
そして、「正雪」という酒の由来にもなった由井正雪の生家があることでも知られている。
株式会社神沢川酒造の誕生は100年前に遡る。
大正元年(1912年)蔵がある場所よりずっと北の山間で林業と養蚕業を営んでいた望月金蔵・由松(よしまつ)親子が酒造業を創業。
酒造りを始めるにあたって水のいい場所を探し求めて今の場所に蔵を開き、
仕込み水から名前を取って「神沢川(かんざわがわ)」という社名とした

清酒「正雪」清酒「正雪」

清酒「正雪」

清酒「正雪」

渾身の逸品 清酒『正雪』

神沢川の水は急峻な山から一気に降りてくる。その為、鉄、マンガン、マグネシウムなどをほとんど含まない混じり気が少ない軟水である。
故に、軽やかな酒質のきれいな酒ができる。目標とする酒質に合わせて厳選する米は、山田錦なら兵庫県産、吟ぎんがは岩手県産などと、銘柄によって産地と精米歩合を決め使い分けている。平成17年からは静岡県開発の酒造好適米『誉富士』も使用した。
代表銘柄”正雪”は、静岡市が生んだ反骨の英雄として人気が高い由比正雪にちなんで二代目蔵元望月由松が命名した。時代に逆らっても正直に生きた気骨の兵法家・由井正雪の名に恥じないよう、甘・辛・苦・渋・酸の五つの味と上品で爽やかな香が調和した、盃が進むのみ飽きない酒を目指している。仕込みにあたる杜氏、蔵人たちは五感を研ぎ澄ませ、伝統の技を駆使し最高の一滴を目標に醸していく。
生き物のように日々その姿を変えていく酒を最高の状態で飲んでいただく為、生詰瓶燗や低温貯蔵とできる限りの手間をかけ、今日も“正雪”がかけがえのない1本となるよう想いを込めて送り出していく。

杜氏略歴杜氏略歴

杜氏 山影純悦 略歴

杜氏略歴

杜氏 山影純悦 略歴

昭和7年生まれ岩手県花巻市出身。
19歳から酒造りの世界に入る。
昭和36年、29歳で南部杜氏資格選考試験に合格。
昭和57年から神沢川酒造場の杜氏を務め現在に至る。
全国新酒鑑評会入賞9回(内・金賞7回)、
名古屋国税局清酒酒類鑑評会優等賞18回、
静岡県清酒鑑評会入賞29回(内・県知事賞7回)、
南部杜氏自醸新酒鑑評会入賞28回(内・仙台国税局長官賞4回、岩手県知事賞4回、個人表彰9回)。
平成20年静岡県優秀技能者功労表彰、
平成22年日本醸造協会醸造技術者表彰を受賞。

平成25年11月
卓越した技能者の表彰(通称 現代の名工)に選出。
(この選出は東海4県の酒造関係者からは初となる快挙)
平成26年11月
黄綬褒章受賞。
平成27年2月
静岡県技能マイスター(愛称 しずおかの匠) に選出。
社団法人南部杜氏協会相談役。

Company 会社案内Company 会社案内

会社情報

会社情報

会社情報

会社名
株式会社神沢川酒造場
住所
〒421-3103 静岡県静岡市清水区由比181
事業内容
清酒の製造、販売
創業
1912年(大正元年)
代表
代表取締役社長 望月正隆
代表銘柄
正雪 / 天満月 / 安寿蔵

交通のご案内

交通のご案内

【 お車でのアクセス 】
東京方面から→東名高速道路富士川スマートICより約20分
名古屋方面から→東名高速道路清水ICより約20分

【 電車でのアクセス 】
JR東海道本線『由比駅』より、富士急静岡バス富士駅寺尾橋線、新町下車、徒歩5分

Google mapで見る

pagetoppagetop

copyright c kanzawagawa shuzou all rights reserved.